読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EeePC901にUbuntu8.10をインストールする方法まとめ

Ubuntu EeePC

MacBookを買ったためにしばらく放置していたEeePC901に、Ubuntu8.10をインストールした。
これまでUbuntu8.04のalternative版を入れていたけど、いろいろ調子が悪かったので、潔くクリーンインストールした。
このEeePCを買った半年前に比べて、今はとても linux on netbook 界隈が賑わっていて、情報が充実している。なので8.10を入れた今、とても快適に動いているので、素の方法をここにシェアしておく。

EeePC901にUbuntu8.10をインストールする

あらかじめ言っておくが、インターネットに繋がったマシンが一台は必要である。

Ubuntu Desktop 日本語 Remix CDのダウンロード
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download

UbuntuのISOイメージをダウンロードし、CD-Rに焼く。外付けUSBのコンボドライブなどを持っていれば、それをEeePCに接続し、Ubuntuをインストールする。何の問題もなくインストールまで完了するはずである。
このとき、書き込みソフトによって、Ubuntuのインストールが失敗することがある。インストール時に黒い画面から進まなくなってしまったら、別のソフトで書き込み直してみるといい。
外付けドライブを持っていなければ、USBメモリを使ってもいい。その場合は、EeePCの起動時、BIOS画面でESCキーを押し、ブートドライブを選択すればうまくいくだろう。

無線LAN、マイク、カメラなどを使えるようにする

EeePCUbuntuを使う場合、問題になるのは各種ドライバの部分である。素のUbuntuのままでは、無線LANをはじめとするハードウェアが動かなかったり(有線LANは動く)、うまくスリープされなかったりと、不具合がある。
しかしいまはとてもいいものが出ていて、Array.orgが提供しているlinux-eeepcというパッケージを入れれば、基本的に、それらはすべて動くようになる。

Array.org Ubuntu Repository
http://www.array.org/ubuntu/setup-intrepid.html

下記の手順で、 linux-eeepc カーネルがインストールされる。

wget http://www.array.org/ubuntu/array-intrepid.list
sudo mv -v array-intrepid.list /etc/apt/sources.list.d/
wget http://www.array.org/ubuntu/array-apt-key.asc
sudo apt-key add array-apt-key.asc
sudo apt-get update
sudo apt-get install linux-eeepc

この操作をすると、 ubuntu のカーネルが複数存在していることになり、 PC の起動時にブートローダ(GRUB)で eeepc カーネルを選ばないとこのカーネルを使えない。
それでは面倒くさいので、デフォルトで eeepc カーネルが起動するように GRUB の設定を変更する。

そのためには下記の設定ファイルを変更する。

$ sudo vim /boot/grub/menu.lst

このファイルには、 GRUB のカーネル選択画面で表示されるカーネルのリストが書かれている。このリストの中で一番上に書いてあるものが自動で選択されるカーネルとなるので、 eeepc カーネルの記述を一番上にもってくる。具体的には、

title   Ubuntu 8.10, kernel 2.6.27-8-eeepc
uuid    7b786f22-0559-4512-804e-3c2249c3b9e5
kernel    /boot/vmlinuz-2.6.27-8-eeepc root=UUID=7b786f22-0559-4512-804e-3c2    249c3b9e5 ro quiet splash
initrd    /boot/initrd.img-2.6.27-8-eeepc
quiet

という記述を探し、 124 行目の

## ## End Default Options ##

の下あたりに移動する。

イー・モバイルを使えるようにする

gnomeならgnome-pppを入れる。(KDE なら kppp)

sudo apt-get install gnome-ppp

すると、こんな感じでメニューに追加されるので、起動する。
f:id:mirakui:20081214234613p:image

電話番号は「*99***1#」、ID/PASSは共に「em」。
f:id:mirakui:20081214234614p:image

デバイスは /dev/ttyUSB0 を選んでおく。
f:id:mirakui:20081214234615p:image

フォルダ名を日本語から英語に

env LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

を実行。

Caps Lock を Control にする

http://hogeo.jp/blog/memo/2008/09/key_layout_ubuntu_on_libretto.html

~/.Xmodmap を作成して、以下の内容を書き込む。

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Control_L
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

そして下記を実行。

$ xmodmap ~/.xmodmaprc

これだけだと、次回の起動時には元に戻ってしまうので、 .xinitrc に下記の記述を追加しておく。

xmodmap $HOME/.xmodmaprc

キー配列をUS配列にする

http://www10.atwiki.jp/shirayuu/pages/23.html#id_6df568a5

$  setxkbmap -model us -layout us

を実行し、 .xmodmaprc に

keycode 132 = backslash bar 
keycode 51 =  Return 

を追加して xmodmap を実行。

$ xmodmap ~/.xmodmaprc